中学受験 E:REX[イーレックス]

System指導の特徴

少人数制の集団指導(1クラス10~15名程度)で受験に必要なスキルを習得します。
原則として、5年生からは習熟度クラス編成となり、6年生は志望校別クラスで指導します。

受験勉強は「塾で完結」

受験勉強は「塾内でやり切る」E:REXの手厚い指導事例

  • 4年生の例授業+学習フォロー

    保護者の悩み

    • 親がチェックしないと
      宿題をサボる、手を抜く
    • 集中して宿題に取り組むことができない
    • 行き詰まると宿題が進まない、
      すぐに「教えて!」と言いにくる
    学習
    フォローで
    解決!
    社員講師が管理する学習時間があります。質問対応はもちろん、学習姿勢の改善や学習内容のチェックなど、個々に合わせたフォローをします。
  • 5年生の例授業+自習室+学習フォロー

    保護者の悩み

    • 学習量が多くなり、
      スケジュール管理が大変
    • 学習内容がむずかしくなり、
      質問に対応できなくなってくる
    • 苦手科目をカバーしたいが、
      宿題やテストに追われて復習ができない
    自習室で
    解決!
    5年生の通塾曜日の授業は20:10で終了しますが、希望者はお弁当を食べた後、20:35~21:30まで塾での自習が可能です。
    土曜日・日曜日が習い事などで時間が取れない場合や理数系の宿題が家庭学習ではスムーズに進まない場合は、自習室で宿題を進めると効率的に勉強できます。
  • 6年生の例授業+自習室+学習フォロー+志望校別特訓

    保護者の悩み

    • 受験まで残り1年なのに、
      苦手科目に対して何もできずにいる
    • テストの回数が多く、
      慌ただしく日々が過ぎてしまう
    • 塾の先生に相談しても
      「ご家庭で○○を頑張ってください」と言われる
    志望校別
    特訓で
    解決!
    6年生には東海・南山女子・滝ではなく「名古屋」「南山男子」「愛知淑徳」に向けた「志望校別特訓」を授業後の20:20~21:30まで実施。(任意参加)
    少人数で科目別に対応するので志望校合格に向けて得意科目を伸ばし、苦手科目はできる限りの改善をはかります。
    必修ではないので、自分にとって必要なものをセレクトし、入試に備えます。
気づけば、自分で勉強できるようになっている。
こうした取り組みやE:REXの働きかけで、勉強にリズムが生まれ、習慣となり、意識が変わります。

テキストは中学受験新演習をメインに使用!


4教科ともに基礎の定着に定評のある中学受験新演習を使用しています。
(首都圏では栄光ゼミナール様、早稲田アカデミー様も使用)
単元終了ごとに確認テストを行うことで、日々の学習の理解度を高めます。

算数

トレーニング、基本問題、練習問題と
難易度ごとにステップアップする構成

国語

比較的文章が長すぎず、
国語が苦手な方でも取り組みやすい内容

理科

カラーで写真や図も見やすい
一行問題類題を繰り返すので定着しやすい

社会

カラーで写真や図も見やすい
一行問題類題を繰り返すので定着しやすい


【サブテキスト】
小4:計算日記、漢字日記
小5:計算日記、漢字日記、実力アップ問題集
小6:計算日記、漢字日記、実力アップ問題集、コンプリーション、中学入試の攻略など

テストは
「中学受験新演習」のカリキュラムに準拠した
アタックテストを実施。

学年・実施日により変動しますが約2000人~3000人が受験するテストです。
1ヶ月に1回程度のペースなので、授業内容をしっかり復習してから受験することができます。
(小4:年7回 小5:年8回 小6:年9回 ※小6はその他外部模試も採用)



講義→演習→学習フォローの3つの柱

E:REXの授業には、「講義」→「演習」→「学習フォロー」という3つの大きな柱があります。
この3つの柱によって、中学受験に挑む全てのタイプの子ども達に最適の学習環境を提供します。

これがE:REXの授業!

  • 講義

    中学受験に必要な知識を習得する場です。講義と呼んではいますが、新しい知識を一方的に教える単なる解説授業ではありません。E:REXの授業は、生徒の考える時間や自分の考えを表現する時間を大切にしています。中学受験の先を見据えた学習として、能動的な学習スタイルを身につけられるように反転学習やアクティブラーニングの要素も取り入れていきます。

  • 演習

    講義で学んだことを自分のものにするための問題演習の時間です。教科担当講師の指導のもとでの演習なので、自学ではなく問題の解説も行います。また、個々の学習状況に合わせて、基本事項の反復学習や、更なる発展学習などの個別対応もこの時間を利用して行います。受験後につながるように、生徒たちが自分で学び取る学習スタイルが目標ですが、まずは教科担当講師がアシストします。

  • 学習フォロー

    E:REXの面倒見の良さを形にしたものです。単なる自習室や自学スペースではなく、教科担当講師が常駐していますので、質問対応だけでなく個々の学習方法そのものを指導していきます。また、理解不十分な箇所の補習や、欠席した授業のフォローもこの時間に行います。受験学年である6年生には教科ごとに時間を設定しますので、この時間を個々の学習に利用すると効果的な学習が可能です。

E:REXの学習サイクル

  • 授業

    授業の3つの柱である「講義」「演習」「学習フォロー」のどの場面においても教科担当講師が一貫して指導にあたります。宿題・復習・テスト勉強などの個々の学習についても「学習フォロー」の時間に指導するため、受験勉強における全ての学習を塾内で完結できます。

  • ショートテスト

    しっかりと復習ができているのかのチェックテストとして、短いタームで「ショートテスト」を行います。授業で得た知識を自分のものにする学習サイクルを構築するファーストステップです。

  • 確認テスト

    単元終了後には「確認テスト」を行います。原則として合格点は80点とし、不合格の場合は再試験または追加課題が出ます。学習サイクルのセカンドステップです。

  • 到達度テスト

    習熟度を測るための塾内模試として「到達度テスト」を行います。特に4・5年生にとってはこの模試に向けての勉強が学習サイクルの仕上げとなります。※全国模試を利用しています。

  • 校外模試

    受験学年である6年生は、入試本番を意識して校外模試受験を提案します。それぞれの志望校にマッチした最適の模試をご案内します。

資料請求や個別面談等まずは、

お気軽にご相談ください!

CONTACT
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせは各校舎へ直接お願いします。